ホワイトニングは日焼けに似ています。同じ真夏の太陽の下で、どのくらい焼けるかは、人によって異なるように、歯もどれくらい白くなるかも個人差があり、人それぞれです。しかし、時間をかければ、日焼けと同様になかなか効果の出にくい人でも、徐々に白くなっていきます。
また、歯には、白くなりやすい歯と白くなりにくい歯があります。一般的に、歯に縞模様があったり、歯がグレー色の場合はホワイトニングで白くする とはやや困難です。逆に、一度で白くなりやすい歯としては、歯年齢が若いことです。
また、歯が脆く脱灰が起きやすい人も、1度で白くなりますが、これは漂白というよりは、歯の表面組織の崩壊なので注意が必要です。
ホワイトニングの効果を左右するのは、過酸化水素・過酸化尿素の濃度と作用時間で決定されます。
基本的には薬剤の濃度が高ければ高いほど、作用時間が長ければ長いほど、ホワイトニング効果は高まります。自分の口に適した処方をしてもらえる医院を選びましょう。
ホワイトニング用薬剤の特性
ホワイトニングの効果を左右するのは、過酸化水素・過酸化尿素の濃度と作用時間で決定されます。基本的には薬剤の濃度が高ければ高いほど、作用時間が長ければ長いほど、ホワイトニング効果は高まります。
美容比較ナビ【エステサロン&各種ケア用品】でエイジングケア♪

コメント