出会い系サイトをやるにあたっては、架空請求や不当請求について知っておくことはとても大切なことです。
まず、架空請求とは、実際には利用していないのに請求がくることです。その手口は、「最終通告」などという言葉を使い、はがきやメールで請求がきます。そして、至急お支払い下さい。裁判所からの書類通達後、指定の裁判所へ出廷となります。裁判所取り下げ最終期日、法務省認可特殊法人などなど、もっともらしいことを書いて請求してきます。
裁判所などの言葉が出てくるとびっくりするかもしれませんが、冷静に対処しましょう。次に、不当請求とは、架空請求とは異なり、実際に利用した場合で、料金が発生するとは知らなかった、または料金が延長料金、追徴料金などという名目で請求されることです。これも、架空請求と同様に、裁判所などの言葉を使ってくるのが特徴です。
実際に利用してしまっている場合ですので、「払わなきゃいけないのかな?」と思うかもしれませんが、きちんと料金が発生することなどを表示していなければ、料金の請求は無効となります。
■十分に料金が発生することを表示しているか
たとえば、無料と書いていたのに登録すると料金が発生したというのは無効になります。
■料金の請求が追加されている場合、年14.6%を超えていないか
日本の法律では年14.6%を超える追加請求を行うことはできません。例えば、10万円を利用して、1ヶ月放置した場合は950円以上の請求を行うことはできません。
これらの対処法は、無視することです。メールであっても、手紙であっても、無視するというのが最もよい対処法です。
ミントC!Jメールは、ポイント制優良出会いサイトです。

コメント